野菜不足のときは青汁で補う
栄養素

野菜不足のときは青汁で補う

野菜不足を感じた時に、一体どうしますか。
たくさん野菜を購入して、食べますか。
手軽に野菜不足が解消されるなら試してみたいものの一つが青汁です。
青汁で、本当に不足は解消できるのでしょうか。

一日に成人が必要とする野菜は、350gが推奨されています。
この量の野菜は、ボール一杯分にもなります。
このような大量の野菜を毎日摂取することは、多くの場合は、不可能と言えるでしょう。

野菜不足は、肥満や、便秘の原因にもなり、生活習慣病の原因にもなりかねません。
毎日バランスの取れた食事をすることが、健康の近道と言えます。

では、毎日頑張って野菜を摂取していても、足りない場合は、どうしたらいいのでしょうか。

そこで、青汁で補うという方法があります。
青汁には、緑黄色野菜、特に緑色の野菜が多く使われています。
製品によって、使われている野菜は違いますが、おおむね、食物繊維が豊富で、ビタミンやミネラルが多く含まれているものが主流です。
かといって、野菜不足のすべてを青汁で補えるか、極端な話、青汁だけを毎日飲めば野菜を一日の摂取量取れるのかといったら、決してそうとは言えないのも事実です。

実際に、野菜不足に特化した製品も発売されており、1日分の野菜不足を補えると謳っている商品も存在します。
しかし、多くの製品は、そうではありません。
また、一日の摂取量も決まっているものがほとんどで、過剰に摂りすぎても無駄になります。
なぜなら、一日に吸収できる栄養素分しか効果がないので、それ以上のものは排出されてしまうからです。
青汁には、食物繊維も含まれているので、過剰に飲みすぎても、おなかが緩くなってしまう可能性もあります。
あくまでも、摂取しきれない野菜の不足分を補うという目的で利用することが大切と言えます。

野菜は、旬の時期が一番栄養素が高くおいしいものです。
おいしい野菜を食べる楽しさや、喜びを感じて、それでも足りない場合に補助的な役割を果たしてくれると言えます。