人工透析と青汁との相性
栄養素

人工透析と青汁との相性

健康にとてもよいとされる青汁ですが、飲んではいけない人はいるのでしょうか。
実は、腎臓病を患っている人は、注意が必要です。
また、人工透析をしている人は、飲まない方が良いと言えるのです。

青汁には、カリウムという成分が多く含まれています。
カリウムとは、心臓の機能や、筋肉の機能を調整する役割があり、不足すると、不整脈や、イライラなどを起こす栄養素です。
このカリウムは、腎臓と密接に関わっています。
腎臓の機能には、ナトリウムとカリウムをろ過して、排泄するという役割があります。
ナトリウムが過剰な場合、カリウムが、ナトリウムを一緒に排泄してくれます。
カリウムには、体の塩分を調節してくれるという役割があるのです。
カリウムは体にとって重要な役割をしてくるミネラルと言えます。
しかし、人工透析を受けている人にとっては、このカリウムが過剰になってしまうと、高カリウム血症になってしまう場合があります。
腎臓が弱っていると本来の腎臓の機能がうまく作用しないので、カリウムの摂取量には気を付ける必要があるのです。
高カリウム血症になると、不整脈や、しびれ、嘔吐などの症状を引き起こして大変危険です。
人工透析を行っている人は、カリウムが多く配合されている青汁は、摂取しない方が良いと言えます。
また、腎臓病の方も、程度によっては、危険な場合があるので、青汁を摂取したい場合には、医師の指示を仰ぐ必要があります。

人工透析を受けている人には、青汁はお勧めできませんが、人工透析を受けないようにするためには青汁は有効です。
ミネラルや、ビタミンなどが配合されたサプリメントは多数存在します。
それらのサプリメントは、凝縮されている成分が濃すぎる事が多く、かえって体に負担をかけてしまう事があります。
青汁は、野菜をそのまま濃縮しているだけなので、体にとってちょうど良い量のビタミンやミネラルを補えます。
日々の生活に上手に取り入れる事によって、病気を予防することが期待できます。