青汁の栄養素を知ろう
栄養素

青汁の栄養素を知ろう

青汁は栄養があるのでしょうか。
青汁の栄養を知るためには、含まれている成分の栄養素を知ることが必要です。

ほとんどの青汁の主成分として知られている野菜は、ケールです。
ケールは、緑色の野菜で、キャベツの外側の葉っぱのような形をした植物です。
抗酸化作用の高い、ベータカロテンや、ビタミンEや、ビタミンCも豊富に含まれている野菜です。
抗酸化作用とは、老化の原因にもなる活性酸素を抑える働きがあり、動脈硬化などの防止や、心筋梗塞などの予防にも役立つ栄養素です。
また、ルテインという成分も入っており、目にも良いと考えられています。
さらには、食物繊維も豊富で、腸の働きを整えて、便秘の予防や、解消、血糖値の急上昇を防ぐなどの効果もあります。
野菜なのにカルシウムも豊富な点も良い所です。
ケールには栄養が豊富ですが、青臭く飲みにくいという人も多くいます。

飲みやすさが特徴の青汁には、大麦若葉があります。
大麦若葉には、活性酸素を除去してくれるというすごい働きをするSOD酵素というものが豊富に含まれています。
このSOD酵素は、普段の食事からは摂取しにくい成分です。
しかし、大麦若葉入りの青汁だと、気軽に摂取でいるという利点があります。
また、大麦若葉には、ケールと同じく、食物繊維や、ビタミン類も含まれています。
鉄、亜鉛などのミネラルも含まれており、栄養価が高い成分と言えます。

明日葉という野菜も、多くの青汁に含まれている事が多いものです。
野菜の切り口から出てくる粘りに、抗酸化作用のあるカルコンや、クマリンという成分が含まれています。
クマリンには、抗菌作用や、アルツハイマー病の予防に効果を発揮するとされています。

このように青汁には、様々な効果が期待できる野菜が多く含まれています。
野菜の効果を知ることで、どの製品が自分が必要とするものなのかが分かってきます。
また、乳酸菌が入ったものや、飲みやすい製品もあるので、飲みやすく、続けやすいものを選ぶという事も重要と言えます。